【授業風景】中学1.2年 総合的な学習

【授業風景】中学1.2年 総合的な学習

2018/05/9

5月7日(月)の授業風景をお届けします!

中学1年生は、班に分かれて「ペーパータワー・ブリッジ」を作る、という取り組みを今後行なっていきます。今回はその練習で、簡単にペーパータワーを作りました!

 

限られた資源を使い、限られた時間で仲間と知恵を出し合い、一つの「成果」を完成させること。それはとても難しい事ですが、重要なスキルの一つでもあります。

今回から数回に渡る総合学習の時間を通して、他者とのコミュニケーション能力はもちろん、与えられた条件の中で最良の結果を導く力や、様々な意見をより合わせてさらに良い意見にしていく力を身につけて欲しいと思います。

 

中学2年生は世界と日本との繋がりをもとに、国際理解を深めていくための取り組みを今後行なっていきます。

導入として、無人島ゲームを行ないました

「無人島に持っていくとしたら何か」という問いかけに対して、まず自分で考え、その後に班ごとに意見を話し合っていきます。

それぞれの意見を話し合う中で「初めはムダに思えたことも、意味があると分かって面白かった」「自分では思いもよらない意見が聴けて楽しかった」というような感想も聞こえてきました。

国際理解とは、様々な違いを「受け入れる」ことに他なりません。今回の活動を通して、その一端を生徒達は学んでくれた事でしょう。今後の総合学習を通して、「世界」というものを身近に理解し、受容していくことを学んで欲しいと思います。