海外体験・留学制度

全員が参加するカナダへの修学旅行に加えて、希望者対象の長期留学や語学研修を実施。現地での交流や体験を通じて、授業で培った英語力とコミュニケーション能力を伸ばします。

カナダ修学旅行

2年次の7月に実施。机上の学習で終わらせるのではなく、実践することを第一の目的としています。冬季オリンピックの会場となったバンクーバーのほか、ウィスラー、ブリティッシュコロンビア州の州都ヴィクトリアなどを訪問。現地学生との交流を楽しんだり、カナダの大自然や町並みを満喫したりと、多彩な体験を通じて、高校時代の素晴らしい思い出をつくるとともに、目指す将来への意欲を高めます。

体験者
の声

自分の英語が伝わる喜びを実感。
学ぶ意欲が高まりました

一番印象に残っているのは、ヴィクトリアを案内してくれた現地の学生との交流です。英語は得意なほうではないですし、今まで外国人の方とコミュニケーションを図る機会もあまりなかった私ですが、「スポーツはやってる?」と聞かれて、「バレーボールをやっています」と伝えられた時にはうれしかったです。英語を話せることの楽しさを体感できたことで、英語に対する苦手意識が和らぎ、英語を学ぶことに対するモチベーションも高まりました。将来の目標は、消防士になること。外国人観光客が増えていることもあり、外国人の方の救助にあたるケースも少なくないのではないかと考えています。その際にも日本人の方と同様に対応できるよう、スピーキング力、リスニング力を鍛えることが目下の目標。授業を大切にすることで、受験に求められる英語力はもちろん、コミュニケーションツールとするための英語力も鍛えていきたいと考えています。

オーストラリア海外語学研修

11日間のプログラム。ホームステイ先でのコミュニケーションは、授業で培った英語力を試す絶好の機会となります。短期間でありながら、生活をともにするなかで徐々に英語に慣れ、リスニング力もアップ。帰国の数日前には意思疎通ができるようになる生徒も少なくありません。英語への興味や、英語学習に対するモチベーションを高めながら、国際的視野を広げ、見識を深めます。

体験者
の声

自ら積極的に話す事の大切さを体感。
人との接し方が変化しました

幼い頃から英会話教室に通っていたこともあり英語が大好きで、多彩な海外体験プログラムがあることが、金光大阪を選んだ理由の一つ。入学前から、オーストラリア海外語学研修に参加し、海外の人との生活を体験したいと考えていました。現地では洗濯や入浴の頻度など、文化の違いに戸惑うことはありましたが、日本の習慣を伝え、こちらの希望を叶えてもらえるよう交渉するなど、臨機応変に対応できたと思います。現地の学校で日本の話をした時、バディが興味を持って聞いてくれて、自分の英語が通じるということも実感できました。最大の収穫は、「自分から話さなければ何も伝わらないのだ」と気づけたことです。帰国してからは、人に察してもらうことを期待するのではなく、自分の意見をはっきりと言葉にするようになりました。「もっといろいろなことを話したい」。滞在中に抱いた思いを遂げるべく、英語力を向上に励み、もう一度オーストラリアを訪れることが目標です。

ニュージーランド・カナダ海外長期留学

1年生、2年生を対象としたプログラム。中学3年間で培った語学力と経験を生かしつつ、さらなるレベルアップを図るとともに、自立心・自律心を養うことを目的としています。1年間にわたってホームステイをしながら、現地の一般高校の通常授業に参加し、各教科を英語で学ぶという本格的な留学。精神力や問題解決能力など、国際社会で活躍するうえで不可欠な生きる力を身につけることができます。

体験者
の声

国際社会で活躍する上で
求められる力を養う、貴重な機会

パイロットになるという夢を叶える上で不可欠な英語力を高めるべく、留学を決意しました。中3で体験したニュージーランド1ヶ月留学とは異なり、周囲に日本人はいません。ゆっくりであれば意思疎通を図ることができたものの、最初の2ヶ月は、日本に帰りたいと思うほどに辛かったことを覚えています。転機となったのは、クラブに所属して交流の場を増やすなど前向きに行動するようになったことがきっかけとなり、現地に親友ができたこと。「気持ちを伝えたい」という思いが自然と高まって、英語での1対1のコミュニケーションを楽しめるようになったり、その親友を起点に友達の輪が広がったりと、充実した毎日を過ごせるようになりました。もともと人見知りをするタイプでしたが、帰国後は誰に対してもフレンドリーに接することができるようになり、将来に活きる経験ができたと感じています。これから受験勉強が本格化しますが、留学で培った精神力で乗り切りたいと思います。