進学コース

全教科をバランスよく学ぶところからスタートし、
2年次以降は、希望進路や受験スタイルに合わせて学べるカリキュラム編成となっています。
進路選択に向けて自分自身を理解し、適性などを見極める場として、
課外活動を推奨。もちろん、部活動の実績を活かした入試にも対応しています。

  • 1年次
    未来の可能性を広げるべく全教科をバランスよく学習

    受験に向けた基盤づくりとして、生徒全員が全教科をバランスよく学んでいきます。希望者を対象に開講される早朝・放課後講習で、得意科目のさらなる強化や、苦手科目の克服に取り組むことも可能。放課後講習は7限目までとなっており、学力向上と部活動を両立しやすい環境です。

  • 2年次
    希望進路に合わせて学べる柔軟なプログラムを用意

    2年次からは、主要3教科の英語・国語・数学を中心としたフレキシブルなプログラムを設置。生徒一人ひとりが、希望する進路に対応した学びに取り組める環境を整えています。大学での学びや社会での活躍を見据え、幅広い知識・教養を身につけることも重視。きめ細やかな指導を行います。

  • 3年次
    多彩な受験スタイルに対応可能なカリキュラムとサポート体制

    多種多様な大学入試のスタイルを想定したカリキュラムを設置。私立大学の3教科入試はもちろん、英語重視型の入試、スポーツ推薦入試、総合型選抜(旧AO入試)などにも対応しています。豊富な選択科目の中から、必要な授業を履修することが可能。並行してきめ細やかなサポートを徹底し、進路実現を目指します。

メリハリがあり高いモチベーションが維持できる雰囲気。

授業中は静かで集中していて、休み時間などは非常に明るいメリハリのある雰囲気です。授業も理解度に合わせてじっくり進めてくださるので、焦らずに取り組めています。小学校の養護教諭になる夢に向け、まずは志望大学合格を目指して日々の授業や試験を大事にしています。

山名さん
入学の決め手は充実の設備と強豪のサッカー部です。サッカーは小学校時代に初めましたが、「高校はここでプレーしたい」と思いました。
大前先生
きちんと両立できているね。
山名さん
高1の頃から、学校推薦型選抜(旧指定校推薦入試)で進学したいという思いがありました。そのためには定期考査などでコンスタントに点を取っていくことが必要なんですが、テスト期間とサッカーの公式戦が重なって、思うように勉強できなかったことがあったんです。そういう時に困らないよう、普段からやっておこうと考えるようになりました。
大前先生
どんなふうに進めているの?
山名さん
授業ではしっかり話を聴いて、ノートをとるということを徹底しています。帰宅後、時間や体力に余裕があれば、その復習をするようにしています。日課にしているのは、世界史などの暗記です。
大前先生
部活動と勉強、メリハリをつけて、バランスよく取り組めているんだね。場当たり的な学習ではなく、日々やるのは暗記、余裕があれば復習と自分で決めて実践しているのは、とてもいいと思います。
山名さん
練習で帰りが遅くなるので、通学の電車の中とか、寝る前とか、ちょっとした時間を活用することを意識するようにもなりました。
大前先生
勉強もスポーツも、努力が必要。サッカーでスキル向上を目指してきた姿勢が、勉強にもつながっているね。
山名さん
サッカーをしているとリフレッシュできるので、僕にとっては、勉強を続けていくために不可欠なもの。また高校では、今まで以上にフィジカル面の強化が求められます。顧問の先生の助言で身体のケアや食事に気を配るようになり、生活リズムが整って、勉強に取り組みやすくなりました。どちらもこれから大事な時期。今のスタイルをキープしていきたいです。
大前先生
今後の目標は?
山名さん
サッカーは、全国大会出場です。勝つためにはチームワークが大切で、高校ではセンターバックとして、常に周りに気を配りながらプレーすることを心がけてきました。全体を見渡し、より細かく的確な指示が出せるようになりたいです。勉強面では、大学受験に向けてアベレージを上げていきたいと考えています。
大前先生
部活動を通して心身を鍛えることは、受験を乗り切る上でも活きるはず。有意義な日々を過ごし、進路実現につなげてほしいと思います。