中学校水田学習 しめ縄作り

本日、中学校では、1年生と上級生有志でしめ縄を作りました。しめ縄の意味や由来について聴いた後、藁の束ね方やねじり方について実演をしていただき、1年生は見よう見まねで作り始めました。上級生は、昨年よりも上手に作ろうと真剣に藁をねじっていました。
一連の農作業で残った藁をうまく活用する先人のアイデアは現代のSDGsにもつながり、学ぶことが多い水田学習でした。

資料請求 アクセス youtube Instagram ページトップ