大阪880万人訓練を実施しました!

大阪880万人訓練を実施しました!

2019/09/5

本日 大阪府が実施する『大阪880万人訓練』に、本校も参加しました。

 

 

『大阪880万人訓練』とは、南海トラフ巨大地震を想定した訓練で、府全域の

各種団体(企業、学校、地元自治体、市町村など)が取り組んでいるものです。

 

東日本大地震など、過去の震災を教訓とし、「自助力」および「防災意識」の

向上を目的としています。

 

午前11時に訓練実施の放送が入り、教室で身を守る訓練をした後、安全を

確保し、指示に従い、一斉にグラウンドに避難するという訓練内容でした。

 

 

 

グラウンドでは、担当教員が点呼をし、状況を学年部長の先生に報告しました。

 

 

生徒たちは、「お・は・し・も・ち」のルールに従い、速やかに

行動することができ、午前11時15分には、全員がグラウンドで、

津本副校長の諸注意を聞くことができました。

(避難に要した時間は9分ほど。)

 

 

昨年、最大震度6弱に見舞われた大阪府北部地震の経験も活かし、

日頃より防災に対する意識を持ち続けたいものです。

 

※避難訓練「お・は・し・も・ち」のルール

お…おさない は…はしらない し…しゃべらない も…もどらない ち…ちかづかない

 

文化祭チラシ