【美術】デッサン講習

【美術】デッサン講習

2019/06/17

昨年度より、美術系の大学や専門学校等への進学、また将来、クリエイティブな仕事に

就きたいと考えている生徒などを対象とした、『「デッサン(描写)」を学ぶ講習』が

美術科の河合先生により、行われています。

 

 

毎週土曜日の放課後、本校の美術教室で行われており、様々な演習をこなしながら、

デッサンの仕方を基本からマスターしていきます。この日は、高校2年生が学期末考査

1週間前であるため、高校1年生と高校3年生の生徒たちが講習を受けていました。

 

 

  

 

デッサンは、ほとんどの美術系の大学や専門学校の受験に必要とされ、また、

クリエイティブな仕事に就きたいと考えている生徒も、デッサン力を身につける

ことは大切です。今年度は、生徒の進路にあわせてマンツーマンに近い環境で、

河合先生がご指導くださっています。

 

 

 

ひとりの高校3年生の生徒は、紙を使った『立体の表現』の練習に取り組んでいました。

この生徒は、ものづくりに特化したクリエイターになることも視野にいれており、

「受験の対策でもあるが、ものを作ること自体が好きなので、とても充実した時間を

過ごしています。」と語ってくれました。

 

そして、先生は、

「日常生活において常に(作品に向き合っていない時間も)、様々なものを観察し続けて!」と

熱心に話されました。

この講習を通して技術と感性を磨き、生徒たちには、それぞれの将来の夢を叶えてほしいものです。