進学コース

様々な受験スタイルに対応するサポートが充実。

目指せる進路

  •  

学びの特色

1年次

未来の可能性を広げるべく全教科をバランスよく学習

受験に向けた基盤づくりとして、生徒全員が全教科をバランスよく学んでいきます。希望者を対象に開講される早朝・放課後講習で、得意科目のさらなる強化や、苦手科目の克服に取り組むことも可能。放課後講習は7 限目までとなっており、学力向上と部活動を両立しやすい環境です。

2年次

希望進路に合わせて学べる柔軟なプログラムを用意

2年次からは、主要3教科の英語・国語・数学を中心としたフレキシブルなプログラムを設置。生徒一人ひとりが、希望する進路に対応した学びに取り組める環境を整えています。大学での学びや社会での活躍を見据え、幅広い知識・教養を身につけることも重視。きめ細やかな指導を行います。

3年次

多彩な受験スタイルに対応可能なカリキュラムとサポート体制

多種多様な大学入試のスタイルを想定したカリキュラムを設置。私立大学の3教科入試はもちろん、英語重視型の入試、スポーツ推薦入試、総合型選抜(旧AO入試)などにも対応しています。豊富な選択科目の中から、必要な授業を履修することが可能。並行してきめ細やかなサポートを徹底し、進路実現を目指します。

 

Student & Teacher’s Voice

  • 地歴公民科
  • 瀬口 徳彦 先生
  • 朝倉 楓香(進学コース・女子バスケットボール部)
  • 高槻市立川西中学校出身
 

苦手科目の克服を機に意欲が高まり、成績がアップしました。

瀬口先生:朝倉さんは高2になって、勉強に取り組む姿勢が変わったよね。成績が伸びたのは、その成果かな?

朝倉さん:はい。数学が苦手で、疑問点をそのままにしてしまう傾向があったんですが、母や先生のアドバイスに沿って、わからない問題について先生に聞きに行ったことがきっかけです。その問題を帰宅後に自分で解いた時、「こうすれば伸びる」と実感しました。

瀬口先生:周囲の意見に素直に耳を傾け、実践したからこそ。今は教科に関わらず、トータルで頑張っていることが伝わってくるよ。

朝倉さん:数学に対する苦手意識がなくなり、成績が上がったことで、モチベーションが高まったことが大きいです。

瀬口先生:一方、部活動では試練の1年だった。辛かったね。

朝倉さん:部長として頑張っていこうという矢先に、怪我をしてしまって…。ショックのあまり何も手につかない状態でしたが、先生が「部長として選手として、今の自分にできることを探せばいい」と言ってくださり、前向きな気持ちで練習に臨めるようになりました。

瀬口先生:その中で得たものは?

朝倉さん:コートの外から見たことで、プレーする際の視野が広がったかなと思います。そして何より、精神力を鍛えることができました。辞めずに続けて、本当に良かったと感じています。

瀬口先生:プレーヤーとしての復帰を楽しみにしているよ。そしてその精神力は、受験を乗り切る上でも活きるはず。最大限に発揮して、進路実現につなげてほしいと思います。