中高一貫教育

着実に力をつける6年間の学習ステップ

中学・高校の6年間を一つにとらえ、2 年ごとに「基礎期」「充実期」「発展期」と定めて、学力を効果的に高める学習ステップを採用しています。体系的なカリキュラムで学習を進めることにより、着実に力を伸ばします。

基礎期 充実期 発展期
主体的学習態度の確立、基礎学力の定着 応用力の育成 目標に応じた発展学習及び演習
中学1年 中学2年 中学3年 高校1年 高校2年 高校3年

中学校

  • 中1課程の学習

    中・高6年間を支える、学びの基礎を固めます。

  • 中2課程の学習

    基礎学力を土台に、継続的に学ぶ姿勢を育みます。

  • 中3課程の学習

    自ら学ぶ姿勢を養い、未来への自信を培います。

  • 高1課程の学習

    3年次には、高校課程を先取りして学びます。

  • j_students
  • j_students2
  • j_students3
  • 英語プログラム

    受験・コミュニケーション両方に役立つ英語力を養います。

  • ネイティブ教員

    リスニング・スピーキングを徹底的に鍛えます。

  • 数学検定

    年3回、全員が各自の目標を定めて受検します。

  • 習熟度別授業

    数学・英語は習熟度別にクラスを分けて授業を行います。

  • j_students
  • j_students2
  • j_students3

高等学校

高校イメージ図