輝く卒業生

さまざまな世界で活躍する卒業生

  • 田畑智子
    田畑 智子
    平成11年卒業

    高等学校15期生。在学中は書道部に所属。1993年、映画「お引越し」のヒロイン役でデビューし、多くの映画賞で新人賞を受賞。その後、向田邦子ドラマシリーズやCMと、テレビで活躍を続け、NHK連続テレビ小説「私の青空」では「なずな」役として主演。映画「血と骨」で第28回(2004年度)日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。他にも、映画「大停電の夜に」「アフタースクール」、舞台「奇跡の人」、テレビ「救命病棟24時」「利家とまつ」「新選組!」「芋たこなんきん」などに出演。今後の活躍がますます楽しみな田畑さんです。

     
  • 宮迫博之
    宮迫 博之
    昭和62年卒業

    高等学校第4期生。在学中はサッカー部に所属。卒業後の89年、蛍原徹さんと「雨上がり決死隊」を結成。以後、お笑いライブやテレビのバラエティー番組で活躍し、人気コンビとなる。また、ドラマや舞台への出演も多く、俳優としても活躍中。主な出演作品に、映画「岸和田少年愚連隊」「東京タワー」「純喫茶磯辺」、舞台「カノン」「空中ブランコ」、テレビ「彼女たちの時代」「美しい人」「きらきらひかる・3」「ただいま満室」「救命病棟24時」「しくじり鏡三郎」「北条時宗」「アットホーム・ダッド」など。

     
  • 愛敬尚史
    愛敬 尚史
    平成6年卒業

    高等学校第11期生。卒業後は帝京大学へ進み、一年次より大活躍し、新人最多勝利など数々のリーグ記録を創る。大学卒業後、松下電器産業(現:パナソニック)野球部に入社。社会人野球日本選手権大会でも新人賞にあたる若獅子賞を受賞し、松下電器を念願の初優勝へ導く原動力となった。平成12年度のプロ野球ドラフト会議で大阪近鉄バッファローズより2位指名を受け、本校野球部出身のプロ野球入団第一号選手となる。平成17年、球団合併に伴う選手分配ドラフトにて東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍。平成21年現役を引退。楽天のベースボールスクールコーチを経て、平成24年より球団編成部のスカウトを務める。投手として「プロ入り107試合無敗」のパ・リーグ最多記録を持つ。

     
  • 林卓人
    林 卓人
    平成12年卒業

    高等学校第17期卒業生で、現在はJリーグのベガルタ仙台に所属。アテネオリンピックのサッカー予選で全試合正キーパーとして活躍。写真はオリンピック出場を決めた最終戦の翌朝、来校し終業式で、後輩にあたる本校の生徒達に喜びと体験談を語る様子。

     
  • 吉見 一起
    吉見 一起
    平成15年卒業

    高等学校19期卒業生。中学時代は軟式野球部所属。高校で初めて硬式を経験。2年生の秋季大会でエースとして活躍し,大阪大会優勝,近畿大会準優勝の原動力となり、本校の甲子園初出場に繋がった。現在中日ドラゴンズで主軸として活躍。