【水田学習】稲刈りを行いました!

【水田学習】稲刈りを行いました!

2020/10/8

ついに収穫!

6月に田植えを行い、ついに収穫の日となりました。田植えの時点ではとっても小さな可愛らしい稲でしたが、この数ヶ月でしっかりと成長し、田んぼ一面にお米が実りました。

まずはじめに校長先生からお話をいただきました。天地の恵を実感し、感謝しながらの収穫を!

さっそく稲刈り体験

生徒たちは、稲の成長にびっくり!ざくざくと稲の根元から刈り取っていきます。

学年の枠を越えての班分けがなされているので、先輩・後輩が協力をして作業を行います。上級生はさすが!作業がスピーディーです。初めて稲刈りを行う1年生たちも一生懸命に作業を行っていました。

刈り取った稲をどんどん稲架(はさ)がけし、稲を乾燥させる準備をしていきます。ここでも先輩たちが後輩に手本を示して、作業を行う様子が見られました。

稲刈り完了!

一面に実った稲を全て刈り取りました!なんだかちょっと寂しいですが、これからしばらくは稲架にかけて乾燥させ、今後は脱穀作業を行います。都市部の学校ではなかなか体験できないこの水田学習。とっても貴重な体験になりました。

生徒たちは「お米づくりの大変さがよく分かりました!」「歴史の授業で習った、昔の稲作はもっと大変だったと思います。」などなど、様々な感想を述べていました。