【科学部】地元企業のご協力で課外活動を実施!

【科学部】地元企業のご協力で課外活動を実施!

2019/08/28

◇8月23日(金)

本校近隣の「高槻化成株式会社」様の『工場見学』をさせていただきました。

 

 

こちらの会社は、自動車部品を作っているメーカーで、社長の志賀靖司様の

直接の案内で、『製造工程・検査工程を見学』させていただき、さらに、

『学生と社会人との違いについての講話』をきかせていただきました。

 

 

 

 

生徒たちの感想には、

「何気なく乗っている自動車の部品のでき方について知ることができた。」

「社会人になると自由になるけど、責任も大きくなると感じた。今のうちから

準備していきたいと思った。」などと、ありました。

 

 

◇8月27日(火)

島本町百山にあります「積水化学工業株式会社」様より、講師の方に

本校に来ていただき、生化学教室において『実験授業』を受けました。

 

 

 

まず、化学教室プロジェクトリーダーの花谷信雄様より、

会社の業務内容や分析装置などの説明があり、透過型電子顕微鏡に

よる「お菓子の断面画像(比較)」などをみせていただきました。

 

 

 

そして、今回は『4つのプラスチックの性質を調べよう!』という実験内容で、

4つの試験片について、

①質量を計測して密度を算出する

②3種の硬度(芯)の鉛筆を使い表面の硬さを調べる

③ガスバーナーを使い燃え方や煙の出方を調べる

の実験を行いました。

 

 

 

 

最後に、バイルシュタイン試験による炎色反応にも成功し、

生徒たちは、「すごい!すごい!」ととても満足げでした。

 

 

生徒たちの感想には、「もっと他のプラスチックの性質も知りたい!」

「プラスチックの名前と性質、製品などを結びつけることができた!」

などと、ありました。

 

講師の中田昌一様、福川茂様にもマンツーマンで指導していただき、

ありがとうございました!!!!!

 

科学部顧問の中村先生は、「実際、企業の方々と触れ合うことにより、

今勉強している『科学の知識と社会とのつながり』を感じてもらえたと

思う、今後も探求心を持って身のまわりの物質を見ていってほしい。」

と話されていました。