【校外学習②】中学2年 ~こんにゃく作りと収穫体験~

【校外学習②】中学2年 ~こんにゃく作りと収穫体験~

2018/11/7

10月30日(火)中学2年生は奈良県にある農業公園 信貴山のどか村へ行ってきました!

こんにゃく作りと収穫体験、そしてレクリエーションを行いました!!

まずは「こんにゃく」を作ります!

こんにゃく芋と水をミキサーにかけて・・・

しばらくするとドロッとした液体になります!これを手でかき混ぜて・・・

しばらくして、ねばりけが強くなったところで、自分たちの好きな形にこんにゃくを丸めていきます!

完成!!思い思いの形のこんにゃくを作りました!

こんにゃく芋の実物を初めて見た生徒は「想像と違う!」と楽しんでいました!

初めてのこんにゃく作り。普段はお店で並んでいる姿しか見たことがない「こんにゃく」ですが、今回の体験でどのようにして作られるのかを知り、生徒たちも興味深そうでした!

次は収穫体験!それぞれ班に分かれ、さつま芋・白菜・里芋の収穫を行ないました!

今年のさつま芋は例年より大ぶりということで、生徒たちもその大きさに喜んでいました!

里芋収穫では「里芋はさつま芋のように地面に埋まっていると思っていたけれど、大きな葉っぱが伸びていて凄い!」などと話していました!

白菜収穫!大ぶりで青々とした、みずみずしい白菜でした!生徒達は「大きくて収穫が大変だったけど、面白かった!」と話していました!収穫体験では、お店などで何気なく手にしている農作物が、どのように作られ、そして収穫されるのか。そんなことを考える良いきっかけになったと思います。

青空の下でランチ!

この後、レクリエーションを行い、学年全体で体を動かしました!

この校外学習を通じて、未知のものへチャレンジしたり、仲間と作業したりする楽しさをあらためて感じたことだと思います。