“届けよう、服のチカラ”プロジェクト

“届けよう、服のチカラ”プロジェクト

2018/07/13

7月13日(金)午後1時半から、本校の生化学実験室にて、GU高槻店の方をお招きし、『“届けよう、服のチカラ”プロジェクト』という、身近な“服”を通じて難民問題や環境問題に関心を持つこと、子ども服の回収活動により「自分にもできる社会貢献がある」と気付き自ら行動すること、回収の呼びかけなどで地域社会とつながることを目的とした授業をしていただきました。

 

ファーストリテイリング(ユニクロ・ジーユー)が展開している『“届けよう、服のチカラ”プロジェクト』とは、子どもたちが主体となって、着なくなった子ども服を回収し、世界中で服を本当に必要としている子どもたちに届ける活動です。

 

この活動に、今年度から本校も参加することになり、模擬国連の生徒たちが中心となって活動していきます。

 

このプロジェクトを校内や地域へ呼びかける方法を考え、9月の文化祭では、子ども服を回収します。

 

生徒たちは、「服を必要とする世界中の子どもたちの役に立ちたい!」、「このプロジェクトをたくさんの人に呼びかけたい!」などと話してくれました。

この活動を通じて、社会貢献の大切さを知り、少しでも、服を必要としている世界中の人々の役に立てることを願います。