World Scholar’s Cup 決勝大会

World Scholar’s Cup 決勝大会

2017/11/27

    6月末にベトナムで開催された世界大会を勝ち抜いた高3の近藤輝君と高1の松村樹君が、11月10日から14日までアメリカのYale大学で開催されたWorld Scholar’s Cupの決勝大会に出場しました。

 今回は、世界50カ国から2000人以上の中高生が集い、3人1チームで、ディベート、エッセイライティングなどを行い、総合的な教養を競いました。

 ベトナムでの世界大会と比べるとレベルが格段に高く、苦戦を強いられましたが、近藤君のチームは団体戦のクイズで全700チーム中50位以内に入り、金メダルをもらうことができました。

 また、ケニア人の生徒と混合チームを組んだ松村くんも、ケニア人の選手達と英語でコミュニケーションをとりながら協力して競技に取り組んでいました。

 参加した二人は「とてもレベルの高い内容の競技を経験し、また世界中の中高生達と交流する機会を持つことができ、とても素晴らしい経験でした。」と話してくれました。