カリキュラム

学力と人間力を養う独自のカリキュラム

週6日制授業でゆとりを確保。中学・高校の6年を通じて体系的なカリキュラムを編成し、学習を進めます。また、様々な体験学習を通して、豊かな人間性を育みます。

 

英語

英語
実践的な授業で「使える」英語力を育む

金光大阪中学校では、英語の学習時間を標準の週4時間を大きく上回る、週に10時間設け、ネイティブスピーカーによる授業を行うなど充実のプログラムを展開。「聞く」「話す」「読む」「書く」の4 技能を伸ばし、大学受験はもちろんコミュニケーションでも役立つ「使える」英語力を育みます。

 
日本語で正しく理解する
英語R(週6時間)

日本人教員が文法や読解をていねいに解説し、オールイングリッシュの授業だけでは理解し難いところをフォローします。クラスは全学年とも習熟度別に編成し、それぞれに合う適切な方法できめ細かく指導します。

ネイティブ教員による
英語C(週2時間)

ネイティブ教員によるオールイングリッシュの授業。1年次の4月からネイティブ教員と英語でコミュニケーションを行うことで、正しい発音や表現力、国際感覚を養い、英語ならではの発想にも親しみます。

毎日の習慣が力になる
ET(毎朝15分・のべ週2時間)

月曜から土曜まで、毎朝15分の“English Time”を設けています。CDによるリスニングとネイティブ教員とのコミュニケーションを繰り返すことで、ごく自然に「話す」「聞く」力を養います。

 

スピーチコンテスト

定期的に英語スピーチコンテストを開催しています。英語力を向上させることはもちろん、人前で話す貴重な経験を積むことができ、切磋琢磨する機会にもなっています。

スピーチコンテスト
 

L&T

英語を用いてグループでひとつの課題に取り組むL&T。3年生が企画したチーム対抗のゲームやハロウィンパーティーを楽しみながら、リーダーシップや協調性を養います。

L&T
 

L&T(Leadership skill & Teamwork skill)とは英語を用い、グループでひとつの課題に取り組む活動〈Idea (概念)〉〈Action (実行)〉〈Evaluation (評価)〉で、英語が使えるグループリーダーを育成します。

三幡先生

未来につながる「使える」英語力。

  • 英語
  • 三幡 さおり先生
 

金光大阪中学校では「使える」英語力を育みます。「使える」英語力とは、受験において「使える」ことはもちろん、コミュニケーションの手段として「使える」ことを意味します。私たち日本人教員による授業で、文法や読解について正しく理解し、ネイティブ教員による授業で発音などを身につけます。授業で培った英語力を、実際に試す場となるのがニュージーランド1ヶ月留学。例年、生徒たちの大きな成長が見られる機会となっています。

 

数学

数学
    

標準を大きく上回る授業時間数と習熟度別授業で着実に力をつける

標準の授業時間である「中1は週4時間、中2・3は週3時間」を大きく上回る週6時間の授業を実施。習熟度別にクラスを編成し、きめ細かく指導します。

 
数学検定

年3回、全員が数学検定を受検します。各自が目標を持ち、意欲的に取り組むことで学力も著しく向上。分からない部分や未習分野については、数検対策講座や個別指導で対応しています。

習熟度別授業

習熟度によりクラスを分け、きめ細かく指導。理解不足が見られる場合は「なぜ、どこで間違えたのか」を分析し、個別にフォロー。定期考査後には復習の時間を設け、苦手分野の克服にも取り組みます。

 
上澤先生

基本を徹底し、着実に基礎を固めます。

  • 数学
  • 上澤 健史 先生
 

数学はいろいろな角度から物事をとらえる力や論理的に説明する力、考える力を養う教科です。中学で基礎的なことをしっかりと身につけ、高校ではそれらを使って応用ができるようにしましょう。そのためには「答えが合っているかどうか」という結果よりも、「なぜ、その答えが導き出されるのか」という過程の理解が大切です。金光大阪中学校では基本の問題を繰り返すことで確かな理解につなげ、着実に基礎を固めます。

 

国語

豊富な授業時間と読書タイムで、国語力と「読む」喜びを獲得する

標準の授業時間である「中2は週3時間、中1・3は週4時間」を大きく上回る週6時間の授業と、毎日10分間の読書タイムを実施。国語力を高め、読書習慣を育みます。

 
読書タイム

読書は、豊かな感性や想像力を育み、語彙を増やすきっかけにもなります。金光大阪中学校では、毎朝の読書タイムによって自ら「読む」姿勢を養います。

 
 

基礎期(1年次)| 中1~中2[英数コース]

中・高の6 年間を支える学びの基礎を作る

1年次は、中学・高校の学びの基礎を作る大切な時期です。確かな学力を積み上げるためのカリキュラムを実施するとともに、予習・復習の方法、学習計画の立て方など「勉強の仕方」をきめ細かく指導します。

基本科目の基礎を固める

中学の3年間は、文系・理系に共通する基本科目に重点を置いて指導します。特に、英語・数学・国語の3教科については、標準を大きく上回る授業時間数を確保。確かな理解へつなげ、しっかりとした基礎を固めます。

絆を深める宿泊研修

年2回、1泊2日の宿泊研修を実施。グループワークトレーニングやL&Tを行います。春の宿泊研修では上級生と親交を持ち、秋の宿泊研修では自然の中でイカダ作りやカヤックを楽しみながら仲間との絆を深めます。

1年次の時間割
  月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
  E T (English Time) / 読書タイム
1時限 理科 数学 技術 数学 社会 社会
2時限 英語R 保体 保体 理科 保体 国語
3時限 英語C 国語 数学 家庭 英語R 数学
4時限 国語 英語R 音楽 英語C 美術 英語R
5時限 社会 理科 国語 国語 理科  
6時限 総合 数学 社会 英語R 国語  
7時限 数学 英語R H.R.   道徳  
※英語C:ネイティブ教員による授業、英語R:日本人教員による授業

Student & Teacher's Voice

teacher-student1
  • 数学
  • 上澤 健史 先生
  • 菖蒲 愛結(中1・女子バスケットボール部)
  • 高槻市立津之江小学校出身
 

「するべきことをきちんとする」を実践!

上澤先生: セルフ手帳※を毎日見やすくていねいに書いていますね。きちんと考え、計画を立てて生活しているのが見てとれます。

菖蒲さん: 以前は、そんなにきっちりとできる方ではなかったんです。でも、金光へ来たら「やろう」という気持ちになれました。

上澤先生: なぜ、そう思うようになったのですか?

菖蒲さん: みんなも頑張っているし、私も頑張らないと、と思って。

上澤先生: 「するべきことをきちんとする」ことは、とても大事なこと。その習慣を続け、リーダーシップもとれるようになって下さいね。

菖蒲さん: 自信はないけれど、そうなれるように頑張ります!

※セルフ手帳:学習計画や記録、連絡事項などを記載する手帳
 

基礎期(2年次)| 中1~中2[英数コース]

学力を鍛えつつ豊かな感性も育む

2年次は、1年次で培った基礎学力を土台として、継続的に学ぶ姿勢を養います。また、年2回の宿泊研修やフィールドワーク、芸術鑑賞などを通して、心と体を動かしながら豊かな感性を育みます。

基礎を土台に、応用力を身につける

1年次に固めた基礎学力に、新たな知識を積み重ねていくためのカリキュラムを実施。これまで学んだ基本を折々に復習しながら、応用的な内容に踏み込んでいき、深く学び考える力を養います。

英語力を育むオーストラリア語学研修

夏休みには希望者を対象に、11日間のオーストラリア語学研修を行っています。コミュニケーション言語としての英語力を養う機会であるとともに、3年次のニュージーランド留学に向けた良いステップになっています。

感性を磨く芸術鑑賞

年に1回、優れた芸術文化にふれる機会を設けています。普段の生活ではなかなか接点のない文化に親しみ、プロフェッショナルの姿勢を目の当たりにすることで、新たな視点を獲得します。

2年次の時間割
  月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
  E T (English Time) / 読書タイム
1時限 数学 国語 英語R 英語R 英語C 理科
2時限 国語 保体 保体 技術 保体 国語
3時限 英語R 家庭 理科 美術 社会 英語R
4時限 数学 数学 国語 国語 英語R 数学
5時限 社会 英語R 社会 数学 国語  
6時限 総合 理科 数学 英語C 音楽  
7時限 理科 社会 H.R.   道徳  
※英語C:ネイティブ教員による授業、英語R:日本人教員による授業

Student & Teacher's Voice

teacher-student2
  • 英語
  • 柴山 仁美 先生
  • 桑名 紗良(中2・ダンス部)
  • 大阪市立島屋小学校出身
 

先生と本当の話ができるようになりました。

柴山先生: ダンス部の活動を高校生と一緒に頑張っていますね。

桑名さん: 昨年は中学にもダンス部ができたばかりだったので、中学生は私一人でした。最初は緊張したけれど、見学のときから先輩方がみんな優しくて! これなら大丈夫って安心して入りました。

柴山先生: 悩みや不安があるときはどうしていますか?

桑名さん: 先生に相談しています。人数が少ないから話しやすいし、いつも見てくれているなって思えるので。小学生の頃と比べて、先生と真正面からぶつかるというか、本当の話ができるようになりました。

柴山先生: 全ての教員が生徒を大事に思っています。いつでも頼ってくださいね!

 

充実期(3年次)| 中3[英数コース]

自ら学び考える力を養い志望進路を実現する

3年次までに中学の教科内容を修了し、高校課程のカリキュラムを先取りした授業を行います。また、一人ひとりに学習の重要性を認識させ、未来への意志を明確にさせたうえで、自発的に学ぶよう導きます。

自発的に学習に取り組む姿勢を養う

1・2年次で培った学力と学ぶ姿勢に磨きをかけ、自発的に学習に取り組む「自学自習」の習慣づけをします。また、将来へのビジョンと目標を明確にさせ、発展的な学習指導を行います。

3年間の集大成、ニュージーランド留学

8月には全員が1ヶ月間のニュージーランド留学に参加。教室で学んできた英語力を実践で活かし、さらなる向上を目指します。また現地でのホームステイを通じ、異文化コミュニケーションを体験。自立心も育みます。

自学自習を習慣づける勉強合宿

年に1回、2泊3日の勉強合宿を行い、集中して学習する姿勢を養います。自習時間の学習については生徒自身が計画を立てて取り組み、教師はそれに応じたフォローを行うことで、自学自習の姿勢をサポートします。

3年次の時間割
  月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
  E T (English Time) / 読書タイム
1時限 技術 英語C 理科 現代文 英語R 数学
2時限 数学 保体 保体 英語R 保体 英語R
3時限 社会 美術 現代文 理科 理科 社会
4時限 理科 現代文 古典 数学 国語演習 音楽
5時限 英語C 古典 数学 社会 社会  
6時限 総合 英語R 英語R 古典 数学  
7時限 英語R 数学 H.R.   道徳  
※英語C:ネイティブ教員による授業、英語R:日本人教員による授業

Student & Teacher's Voice

筧先生平戸さん
  • 社会
  • 筧 翔喜 先生
  • 平戸 智也(中3・野球部)
  • 島本町立第三小学校出身
 

何事もあきらめずに挑戦していきたい!

筧 先生: まさに明朗快活! 先輩後輩、男女の隔てなく仲良くできていますね。

平戸くん: 学校行事で他学年とも関わるので、学校の全員を知っています。少人数だからか、小学校の頃より友達との距離も近くなりました。

筧 先生: 文武両道も実践できているし、後は緊張癖の克服が課題ですね。

平戸くん: 人前に立つと、やろうと思っていたことの3割もできなくなります。ただ、昨年からの生徒会活動で少し慣れてきました!

筧 先生: 副会長としての活躍を頼もしく見ていますよ。

平戸くん: はい! 何事もあきらめずにやっていきたいと思います。